電動車いす.comのロゴ
購入する前に  > 

電動車いすの種類を知ろう


電動車いすには色々な種類、特徴があるのをご存知でしょうか?
メーカーによって大きく変化しますが、簡単に種類別のメリット・デメリットを見ていきましょう。

自走用標準型

オーソドックスな電動車いす。

使用者がジョイスティックを使用して操縦を行うものです。
棒を前に倒せば前進し、横に倒せば旋回します。

自走用標準型の中でも、大きい物や小さいものがありますが、折りたたみなどは出来ず(種類によりコンパクトにできるものもあります)、重量もありますので、車いすの大きさイコール置き場所と考えてもいいかもしれません。

メリット(長所)
  • 重量があるため、運転中も安定感がある。
  • オプションなどで、ライトやウィンカーなど機能が豊富
デメリット(短所)
  • 折りたたみができないものが多い
  • 充電が無くなれば、自走は不可能(介助者に押して貰うことは可能)
※電動車いすによって、メリット・デメリットが変わる場合があるので注意ください。

自走式簡易型

手動用車いすに、電動機能を付けた車いすです。
操縦には標準型同様、ジョイスティックにて操縦します。

メリット(長所)
  • 折りたたみが可能(コンパクト)
  • 現在手動車いすを持っている方は、その車いすに付けられる可能性も。
  • 電池が切れても手動で動かせる
デメリット(短所)
  • フォルムは電動車いすに特化したものは出ないので、標準よりも振動を感じやすい。
  • バッテリー容量に期待はあまりできない。
  • 手動動かすときは、重量が重いため動かしにくい。
※電動車いすによって、メリット・デメリットが変わる場合があるので注意ください。

介助型

介助者が車いすを押す部分に、電動車いすを操作するコントローラーが付いていたり、少し押すことで電動機能が働きスムーズに動くものなどがあります。
介助型専用というより、各メーカーのオプションで付けられることが多いようです。

メリット(長所)
  • 介助者が車椅子を押すさいに、坂道や下り道などの負担軽減
デメリット(短所)
  • 操縦の練習が必要
※電動車いすによって、メリット・デメリットが変わる場合があるので注意ください。

自走ハンドル型(シニアカー)

高齢者が乗られている電動車いすです。

メリット(長所)
  • バイク感覚で運転ができるため、ジョイスティックよりも操縦が簡単。
デメリット(短所)
  • 建物内での運転は難しい。
  • 電車やバス、介助タクシーなどの公共交通機関の使用は難しい
※電動車いすによって、メリット・デメリットが変わる場合があるので注意ください。