電動車いす.comのロゴ
運転の知識  > 

屋内での運転


”子供”に注意しましょう!

電動車椅子に興味を持ってくれている子はたくさんいます。無邪気に質問をしてくれたりと、本当に可愛くてしかたがありません。

しかし逆に言うと、危険をしらずに近づいてきてしまいます。

ふと気がつくと電動車椅子の後ろに立ち、タイヤに興味津々だったりしています。しかも突如として現れます。子供がいる可能性が高い場所では、死角となる後方には動かないくらいの気持ちが必要かもしれません。

”大人”との視線の違いに注意!

子供とは逆に大人は視線が高いため、距離が近いと車椅子ユーザーが視界に入らない場合があります。

”振り向き様”は特に危険です。

『ぶつかりそうだな…』と危険を感じたときは、遠慮をせずに「すみません。通ります。」と気軽に声をかけましょう。